スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

02/06のツイートまとめ

McTune

http://t.co/Telyi69R36 @ayurvedic_class Make money with just a computer and an internet
02-06 10:49

http://t.co/NKaoOOfJ5d @enjoy_talking Found interesting opportunity
02-06 10:51

Earn Money With Your PC@brucequeens9 http://t.co/vBzvGZH7sD
02-06 10:52

http://t.co/mz2xf877Kv @imbuffi Discover how to earn money online from the comfort of your home
02-06 10:52

this article about making money online reminded me of you@abbielikescurry http://t.co/a9vGD9uUyw
02-06 10:52

スポンサーサイト

2015.02.07 | コメント(0) | Miscellaneous (その他)

お久しぶりです


冬晴れの今日、道でパッタリと館長にお目にかかりました。私の大切な読者である館長は自転車から降り、「922日からブログを書いていませんね」と指摘されました。

本当に長い間ご無沙汰をしております。ごめんなさい。

 

英会話インストラクターをしていた時には、このブログを見て頂いていた方もあったと思いますが、クラスから離れるとどうしても疎遠になり、時間だけが過ぎ去って行ったようです。

 

夏ごろから、ホームページ制作で、ある寿司屋の大将とお付き合いができました。

この大将が、「口から入るのが病気、口からでるのは禍」と言っておられました。実はこの言葉がきっかけで別のブログを書くことになりました。

 

「お口」は、本当に人間の体にとって一番大切なところです。お口が良ければ、全て良しです。

海外の歯科医院経営情報を扱う仕事をしていました。その頃のことが大将の言葉で蘇り、健康と歯と歯科医師をテーマにしたブログ、「Excellent Dentistで翻訳記事を掲載しています。

 

認知症と歯、心臓病と歯磨き、など歯と他の臓器の関係の記事を掲載しています。

被災地での避難者が「歯磨き一本あれば、健康になれる」などの言葉が報道されたこともあります。

 

館長、もし興味があれば、時間がなくても、一度みてください。

 

Out of the mouth comes evil, into the mouth comes illness

 

 

2013.12.25 | コメント(0) | Miscellaneous (その他)

スナックラーニングで隙間時間活用

 

スナックを食べる時間ほどの短い時間を活用して学習する、という意味の新語。スマホやタブレットの普及によりまるで文庫本を読む感覚でネット上で勉強ができる時代を反映した新学習法です。

 

スナックラーニングは和製英語ではなく、英語圏ではすでに使われいます。

Snack Learningという単語を登録して隙間時間専用の学習サイトを解説している企業が多くあります。

 

For hundreds of years learning has occurred in formal environments such as classrooms and lecture theatres.  More recently, computers and the Internet have modernised and improved the learning process.  But there’s still a gap.  People need regular prompts and encouragement to practice and apply their learnings, otherwise training initiatives can be a waste of valuable corporate time and money.

 

Snack Learning® revolutionises how your employees can learn and how you can impact corporate communication.  People receive frequent bite-sized chunks of information delivered fast and automatically to their mobile phone or PC, to reinforce their learnings and your key corporate messages.  Now every employee across the organisation can have their own personal trainer, prompting them to take action and focus on their success.

 

日本にもすでにサイトがあります。主なものは次のようものです。

スピーキングパル:http://www.zynas.co.jp/speakingpal/

ドコモゼミ:http://docomo-zemi.com/

N-Academyhttp://n-academy.jp/

日本能率協会:http://www.jmam.co.jp/productservice/elearning_lib/detail/vfs.html

 

上記のサイトでは試作版的な段階のようです。今ならいろいろと試して使えそうです。

チャレンジの好機です。

 


2013.09.22 | コメント(0) | Learning Ways (学習法)

DuckDuckGo

 
 

ネット時代は情報収集時代ともいえます。

 

あなたがどんなサイトに行っているか、何を知りたがっているか、だれとメールしているかなど、その気になれば、自分以上に他人があなたのことを知り尽くしているかも知れません。

一個人が自己の意思で知りたいことをネットで調べている行為が、すべて他人から把握されているとすればあまり楽しいことではないでしょう。

 

マーケティング活動で、消費者の年齢、嗜好、居住地域、年収などの情報は必要です。それを基に販促メールが送られてくることはあるでしょうが、プライベートメール内容まで知られているとすれば、心は安らかではないでしょう。

 

モスクワの空港のトレンジットエリアで2週間ほど滞在し、いまだに亡命先が決まらないスノーデン元CIA職員の問題発覚後、誰が何を調べたとの情報をサーバーに残さないことを売り物にする米ダックダックゴー(ペンシルベニア州)の検索サービスは利用件数が5割以上増加しているそうです。利用者の間でプライバシーへの関心が高まっていることのあらわれです。

 

DuckDuckGoという検索サイトです。

攻撃を逃れながら前に突き進むアヒルをイメージできるサイト名です。

 

Duckという単語が使われているのが興味深いです。

duckを使った句を見れば、なかなかのサイトのネーミングだと思います。

 

duck and weave          うまくかわす

duck out                     責任をかわす、逃げ出す、帰る、脱獄する

duck and cover            厄介事を避ける

play the duck              避ける

lame duck                   政治力をなくした政治家

 

DuckDuckGoは日本語の検索もできます。スパイになったつもりでこれを使って検索をするのも楽しいかも。Search anonymously. Find instantly.

 

2013.07.09 | コメント(0) | Internet (インターネット)

PPR Becomes Kering

 
 

It’s about as anti-climatic as a corporate announcement can be. However, on Tuesday shareholders of the holding company formerly known as  PPR  approved its name change to Kering at its annual meeting in Paris.

 

The company has already been operating under the Kering name since March when it rolled out its new logo and website. It also held events throughout the world to introduce the new brand to the trade.

 

グッチ、イヴ・サンローラン、プーマなどを抱えるブランド大手の仏PPR(旧ピノー・プランタン・ルドゥート)が18日、長年使い続けてきた社名をケリング(Kering)に変更しました。

その背景には、世界市場の変化を見据えた長期戦略とグループの大胆な組織変革が隠れているようです。

 

Ker」はピノー家の出身地であるフランスのブルターニュ地方のブルトン語で「家」「すまい」などを表す言葉。

世話、手入れ、心遣いを意味する英語の「Care」も連想させます。それに語尾の「ing」を付けて、「先に向かって動いている様子」を表現したとそうです。フクロウのデザインは、先見性や洞察力、知性を象徴とのこと。

 

KERING1.jpg 
 


2013.06.22 | コメント(0) | Trivia (雑学)

«  | ホーム |  »

FC2Ad

Calendar

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Time Now in New York

Counter

English Dictionary



Ad by Lancers

Mail Form

Your Name:
Your Address:
Title:
Massage:

Quick Response Code

QR

Trackbacks

In-Blog Search

Ads by AdSense

Liveview of the Moon


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。