スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Yoko Ono did not break up the Beatles

 
 

「ヨーコがジョンと結婚しなかったらビートルズは解散なんかしなかったんだ。ヨーコのせいでビートルズはなくなってしまった。」という噂がありました。

 

ビートルズのファンの間では根強い「結婚でジョン・レノンの音楽性や人間性が変化し、他のメンバーとのあつれきが生じた」とう見方がありました。

 

これを否定したのが今回のデーヴィッド・フロスト氏とのインタービューで明らかになりました。

ポールは「ビートルズ―の解散はヨーコのせいじゃない」と当時の噂を否定してます。

 

In the hour-long programme to be broadcast on Frost's television show next month, McCartney lets it be known that Yoko Ono did not break up the Beatles, that he remains still a working-class boy despite his fame and fortune, and that his marriage to Heather Mills is not something he likes talking about.

 

この文章ちょっと長いですが、お馴染みのitthatの構文になっています。

that Yoko Ono did…、that he remains…、that his marriage3点をポールは明かしたことになります。ヨーコが解散の原因ではなかったということ以外も話したようです。

 

His second marriage does not feature in the interview; photographs show only his 1969 wedding to Linda Eastman then jump to his third marriage a year ago to another American, Nancy Shevell. The acrimonious and very public divorce with Mills is not touched upon in what is billed as a unique "in-depth interview". But it is on rock'n' roll's most infamous break-up that McCartney was uncharacteristically outspoken.

 

ポールはLinda EastmanMills Nancy Shevell3人と結婚したとありますが、深堀りのインタービューといっているわりには最初と三度目の結婚の話が中心で、二番目のMillsとの結婚についてはあまり触れられていなかったようです。いずれにしてもこの結婚は柄にもなくポールの悪名をさらした結婚だったようです。

 

スポンサーサイト

2012.10.31 | コメント(0) | Internet (インターネット)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

Calendar

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Time Now in New York

Counter

English Dictionary



Ad by Lancers

Mail Form

Your Name:
Your Address:
Title:
Massage:

Quick Response Code

QR

Trackbacks

In-Blog Search

Ads by AdSense

Liveview of the Moon


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。